top of page

ホームページで一番重要な選択

ホームページを作りたいというご要望を最近多く頂きます。

提案からという案件に関しては弊社ではクラウド型CMSを推奨しています。

これからホームページを製作する場合には是非ともクラウド型CMSにされる選択をされる事をおすすめしています。


クラウド型CMSとは?


有名どころで言うと

Wix,Jimdo,ペライチ,Hubspot,STUDIOでしょうか?

自分で作ろうと検討した事があるかたであれば、聞いた事があると思います。

CMSとはContents Management Systemの略称で、一言で言うと

ホームページを簡単に作れるものです。


ちなみに、クラウドCMSと異なるCMSに

オープンソースCMS

と呼ばれるものもあります。

これは世界的にも有名なWordpressがあります。

オンプレミス型CMSもありますが、ここでは省きます。


CMSにも色々ありますが、どの形態のCMSを選択するかがとても重要な選択です。


さて、なぜ当社ではクラウド型CMSを推奨しているか?

弊社でのホームページ制作では

前記のCMS(Wordpress,Wix,ペライチ,Hubspot,STUDIO)でのホームページ制作を実施、運用中だったりしますが、クラウド型CMSを勧める理由を述べさせて頂きます。


クラウド型CMSを進める理由

1.セキュリティリスクが圧倒的に低い

  この理由だけでクラウド型にすべきと判断される方も多いです。

2.更新が楽

  いずれ従業員や自分で更新する可能性を考えるとハードルは低い方が良いはずです。

  同時に製作負担や維持管理の負担を軽減できるので新規制作でもコストを抑え、ランニングコストも抑える事が可能です。

3.運用コストが安い

  クラウドCMSは1か所に1~3万円程度払えば安定運用ができますが、それ以外だと+1万円程度の費用を複数個所に支払う必要がでてきます。

  1.の対策とも関係しますが、バックアップを取るにはローカルの作業領域の確保が必用です。これを用意する費用が必用となり、各種管理コストが発生するWordpressの維持管理費は自ずと高額になっていく傾向があります。

4.トラブルが少ない

  セキュリティ対策はもちろんのこと、安定的に更新しやすい状況までを含めた事がクラウドCMSのサービスに含まれているので、トラブルが少ないです。というか、ほぼありません。Wordpressのようなクライアント自動更新などもありません。余計な事を気にせず更新したり、継続する事が可能です。


デメリットは自由度が落ちるという面がありますが、クラウドCMSでも充分すぎる程のデザイン性、機能性を持たせることが可能です。

セキュリティリスクを抑え、将来的な自社運用、運用コストを抑えたい方はクラウドCMSにすべきだと考えています。


弊社のクラウドCMSでは初期製作費20,000円~300,000円 ドメイン1年無料

維持費 月額2480円~30,000円とシンプルな対応から編集・更新代行など、幅広いニーズにお応えしております。もっと詳しく知りたい方はお気軽にご相談くださいませ。

תגובות


התגובות הושבתו לפוסט הזה.
bottom of page